フランス秋の大収穫祭 9/1〜11/30 ランチ¥2,300〜、ディナー¥4,500〜 本場よりずっと魅力的? ビストロ日航金沢、開店です。
〜上海料理人の技〜美食 9/1〜11/30 ¥10,000

本場よりずっと魅力的?
ビストロ日航金沢、開店です。

今秋は美食の国フランスのビストロ気分で。サンマのコンフィやチキンフリカッセなどフランス人がこよなく愛する伝統料理を地元食材で表現します。リンゴと鴨、マグロのレア焼き…。シェフの創造力に驚かされそうな予感。

Point 01

Point 01

五感をぐいぐい刺激する
音と香りのライブキッチン。

ライブキッチンでぜひ音と香りのパフォーマンスをお楽しみください。フランスカーニバルでは、マグロのレア焼きなどがライブで登場。マグロはレア感を保つようにソテー。彩り豊かな地元産野菜をじっくり焼き、酢漬けにして付け合わせます。香り高いバジルソースで爽やかに召しあがれ。

Point 02

Point 02

フランスの伝統菓子から発想。
金沢とフレンチの感激コラボ。

サクサクパイの上に加賀蓮根やリンゴのキャラメリゼを乗せ、合鴨のスモークを一切れ。ばりっとかじると、はじめは甘酸っぱいなじみのテイストが広がり、そこに合鴨の風味や食感が交錯して口中は大地の恵みの大合唱に。伝統菓子タルトタタンからヒントを得たシェフの、遊び心あふれる一皿。

秋色デザートバイキング 9/1〜11/30 ¥1,600 口どけもパリパリ食感も。 胸がざわつく秋スイーツ
秋色デザートバイキング 9/1〜11/30 ¥1,600

口どけもパリパリ食感も。
胸がざわつく秋スイーツ。

イモ、栗、カボチャに加えてイチジク、ブドウ…。女性の大好物の野菜やフルーツをこれでもかと使った秋のスイーツをビュッフェスタイルで。五郎島金時をはじめ風味豊かな地元産食材が宝石のようなデザートになって登場。

Point 01

Point 01

フランスのママの味。
カボチャのパンペルデュ。

パンペルデュとは本来、固くなったパンを生き返らせるお菓子のこと。カボチャにサワークリームや卵・牛乳などを混ぜ、そこにクロワッサンを大胆に投入。秋ならではのパンプディングが焼きあがりました。プリン液をたっぷり吸ったクロワッサンはしっとり&ふっくら、懐かしいママの味わい。

Point 02

Point 02

奥行きと広がりのテイスト。
大人顔したアップルパイ。

秋定番のアップルパイも、ホテル日航金沢メイドは一味違います。甘酸っぱいリンゴをキャラメリゼしてサクサクのパイ生地で包み、その上にザクザク感が楽しいクランブルを乗せて焼きあげました。食感に立体感が生まれると同時に、甘酸っぱさにほろ苦い風味も加わって大人顔のアップルパイに。

CHEF シェフ

和泉 秀昭 waizumi hideaki

四季ごとの豊かな食の恵みをもつ、地元金沢の食材を中心にフレンチやイタリアンを再現することが、『季節を食卓に取り入れる』という現地の食文化をリスペクトすることになると思っています。各国のエスプリをそのままに、ザ・ガーデンハウスならではの皿をお届けします。

石川県出身。金沢市内のホテル・レストランを経て、2004年ホテル日航金沢入社。2012年「ザ・ガーデンハウス」シェフに就任。素材を活かした、彩りあざやかな料理の数々でお客様をとりこに。

ザ・ガーデンハウス

2F|バイキングレストラン営業時間/7:00〜10:00(L.O.9:30)、11:30〜21:30
TOP